歯科におけるセカンドオピニオンの重要性

img-1

あなたはセカンドオピニオンという言葉を聞いたことがありますか?セカンドオピニオンとは患者さんがより良い選択ができるように専門的な知識を持った第三者に意見を求めることを言います。



よく病院で耳にする言葉ですが、もちろん歯科でもセカンドオピニオンを受けることは可能です。

歯医者に行って歯を抜くしか治療法はないと言われても、もしかすると他の歯医者に行くと治療をすることで少しでも長く持たせることが可能という説明を受けることがあるかもしれません。



歯科医院によってもさまざまな治療法や治療方針がありますので、このようなことが起きるのは不思議なことではありません。

もし、一つ目の歯科医院での診断結果に疑問があったり質問をしても納得のいく答えが出ない場合は納得いかないまま治療を始めるのではなくセカンドオピニオンを受けることも選択肢の一つに入れてみましょう。



複数のドクターからさまざまな治療法やそのメリット・デメリットを聞いて現状を理解したうえで自分に一番合った治療法を選択することであとから後悔する可能性も少なくなります。



歯を抜いてしまったり、神経を取り除いてしまうと元に戻すことは残念ながらできません。



ご自身の大切な歯を守るためにも、納得してから治療をスタートさせましょう。

セカンドオピニオンに対応していない歯科医院もありますのでまずは電話で確認をして予約を入れてから行くことをオススメします。



費用に関してもそれぞれの医院で異なることがほとんどなので、あらかじめ電話で確認をしておくと安心です。

関連リンク

img-2
歯科治療はセカンドオピニオンも大切です。

私たちに取って、とても大切な口腔内の健康を守ってくれる歯科医院、巷には数えきれないほどクリニックがあり、どこに行けばよいのか判断に迷ってしまう方も多いようですが、口の中という非常にデリケートな部位をさらさなければならない科でもあるので、医師との相性が悪いと、途中で治療に通うのが嫌になってしまうことも多いので、信頼関係も非常に大切です。治療方針を一方的に押し付ける医師もあり、納得いかないまま高額な治療費を払わされてしまったという経験をされた方も少なくはないようです。...

more
img-2
歯科でもセカンドオピニオンは重要です。

突然襲ってくる歯の痛み。普通の傷と違って、なんとも言えない鈍痛が来ると、夜も眠れないほどです。...

more
top