歯科でもセカンドオピニオンは重要です。

img-1

突然襲ってくる歯の痛み。
普通の傷と違って、なんとも言えない鈍痛が来ると、夜も眠れないほどです。

そして、あわてて次の日に近所の歯医者に行く。

でも、その歯科医院で本当にいいでしょうか。

たかが歯の治療、されど歯の治療です。


治療の具合によっては、今後の生活に大きな影響を与えます。


特に虫歯ではない口内治療は慎重に歯科医院を選択する必要があります。日々の食事に大きな影響を与えかねないことになります。



そこで、最近はセカンドオピニオンをするケースが増えてきています。

一般的な病院ではメジャーになりつつあるセカンドオピニオンですが、歯科の世界でもやるべきだと思います。とりあえず近所の歯科医院でセカンドオピニオンをする旨を伝達の上、診断を受けます。



そして診断書を書いてもらってから、次に自分で調べたもう一つの歯科医院にかかります。



痛みがひどい場合は、鎮痛剤の処方を受けてください。



ここで重要なのは、一つ目の歯医者で、セカンドオピニオンを検討している旨を伝えることです。



これにより、より慎重な診断を受けることができます。

やはり、医者も人ですので、そういった状況に置かれると、より慎重に診断を行うようになります。



また、2つ目の歯医者でも同様に、セカンド目であることがわかれば慎重になります。要するに、セカンドオピニオンであることで、双方からより正確な治療を受けることができるので、より効果的になります。
是非実践してみましょう。

関連リンク

img-2
歯科におけるセカンドオピニオンの重要性

あなたはセカンドオピニオンという言葉を聞いたことがありますか?セカンドオピニオンとは患者さんがより良い選択ができるように専門的な知識を持った第三者に意見を求めることを言います。よく病院で耳にする言葉ですが、もちろん歯科でもセカンドオピニオンを受けることは可能です。...

more
img-2
歯科の保険外治療にはセカンドオピニオンは有効

医療の世界では日々新しい治療法が生まれてきていることもあり、医師の方がその全てを常に把握するということは困難ですよね。そして、担当してもらう医師の方の得意分野や考え方によっても、今後の治療方法が変わってきてしまうのです。...

more
top